So-net無料ブログ作成

グランパのwalking

鎌倉散策2017 

  1. 12月2日(土) 晴 

  2. 主な案件:御成小学校昭和29年卒6組同級会参加

  3. 交通機関 山手線:駒込駅→新橋駅、横須賀線:新橋駅→北鎌倉駅

         横須賀線:北鎌倉駅→大船駅、東海道線:大船駅→上野駅

  4. 費用:交通費(Suica)¥1836

       鎌倉山下飯店¥2600

行程: 葛原ヶ岡ハイキングース、源氏山公園、高浜虚子墓、鎌倉山下飯店、あら珠 15737

 今回は、いつもの時間に朝食をとってから行く。横須賀線には新橋から乗ることにする。ホームへは地下深く降りて行く。北鎌倉駅の出口は先頭にあるので、15両の1両目で待つ。9時3分発は空いていた。14分後、多摩川を渡る。釣り師が結構いた。普段、乗る山手線と違って、一駅の距離が長く、真っすぐなのでスピードが違う。北鎌倉に着く前、スピードが落ち、停まる。車内放送で前の電車が駅を出ていないと案内。結局、5分遅れて着く。

DSC00481.JPG前の電車が出た北鎌倉駅ホーム

 ホームには未だ前の電車から降りた人でいっぱい。皆、円覚寺方面なので端を歩いて線路を渡り、トイレに寄ってから改札口を出る。

DSC00483.JPG北鎌倉駅

 10時7分、出発。鎌倉街道の車道も車が渋滞していた。東慶寺の前を過ぎ、雪堂美術館では小野田雪堂の書と画による「金子みすず・山頭火の世界」を展示している。明月院の角に「五山第四・浄智寺」と「鎌倉・江の島七福神」の標識が立っていて、浄智寺の方に右折する。

 寺案内によると臨済宗円覚寺派で、北条時頼の三男宗政が29歳で亡くなり、菩提を弔うために創建。1966年に国指定史跡になっている。反橋の脇を通り、「寶(ほう)所在近」と書かれた惣門を進む。「宝のある所は近くに在る。立派な僧侶になるための努力をせよ」と諭している。2007年再建の鐘楼門を過ぎてから脇のハイキングコースを歩く。

DSC00486.JPGDSC00490.JPG鐘楼門

 右手、境内の銀杏や紅葉が色づいていた。左手は孟宗竹が続く。

DSC00491.JPGDSC00492.JPG

 舗装道路から、ゆるい石段になり、登山道を行く。中高年グループを抜き、昇り降りして天柱峰(標高97m)に出る。ルート標識があった。

DSC00493.JPGDSC00495.JPG

 ここには浄智寺を開いた一人、宋出身の竺僊梵僊(ごったんふねい)和尚の顕彰碑と五重塔が立っていた。

DSC00497.JPGDSC00496.JPG

     顕彰碑           五重塔

 分岐点に立つ標識には日・英・韓の文字で書かれている。階段を降りる。ここでも他のグループがいた。10時40分、こもれび広場に出ると大きな銀杏が立っていた。

DSC00500.JPGDSC00501.JPG

こもれび広場から眺める。

DSC00510.JPG

 葛原岡神社に行く。後醍醐天皇に仕え、建武の中興を計画した日野俊基が北条高時に捉えられ1332年6月3日に斬首された地で、明治天皇の思し召しにより明治21年、創建されている。辞世の歌を詠んでいた。

 

   秋を待たで葛原岡に消ゆる身の露のうらみや世に残るらん

DSC00502.JPG葛原岡神社の鳥居

DSC00504.JPG右、男石、左、女石

男石と女石があり、縁結びの神様でもあった。帰り道で宮下翠舟の句碑を撮る。

DSC00505.JPG葛原岡神社

DSC00508.JPG

     鎌倉に雪ふる雛の別れかな  翠舟

 

 日野俊基の墓を通って行く。葛原ヶ岡公園では太極拳のレッスンを始めていた。

DSC00512.JPG日野俊基の墓

 ここから先頭が濃緑色の旗を掲げたグループが大仏へのルートをとり、私は化粧坂をゆるやかに降りて行く。「吾妻鏡」(1251年)には「気和飛坂」(化粧坂)と書かれていて、交通の要衡であり、境界の葬送の地であった。幹回り2m80の楠を通る。源氏山公園の中に源頼朝像が立っていた。1180年10月、頼朝が鎌倉入りして800年を記念して建立したもの。

DSC00517.JPGDSC00518.JPG

 紅葉したモミジの下を歩いていくと、ヘルメットを被ったグループが集まっている。「かまくら・緑のレンジャー」と書いたベストを着た男達が伐採や下草を刈り取っていた。

DSC00521.JPG

 11時15分、太田道灌の墓があった。水戸徳川の子孫・英勝寺住職が再建していた。

DSC00522.JPG太田道灌の墓

 約束の時間が近づいていたので、急ぎ足で寿福寺に出る。ここは頼朝が亡くなった翌年、妻の北条政子が栄西を開山に招いて建立している。

DSC00525.JPGDSC00526.JPG寿福寺

 一度、山門を出て近くの人に高浜虚子の墓を聞いて、戻り、寺の脇の緩い坂道を歩いて左折し、突き当たって右折して行くと広い墓場に出る。作業員に確認すると、親切に虚子の墓まで案内してくれた。今年から句会に入ったこともあり、墓前で合掌する。

DSC00532.JPG

DSC00529.JPG高浜虚子の墓

 15分後、わき目もふらず速足で駅に向かい、線路下の通路から東口に出て若宮大路に行き左折してホテル鎌倉moriビルの地下に降りて山下飯店に集合時間丁度、間に合った。中に入って探したが、いないので係員に聞くと個室に案内される。入ろうとしたら、大学ゼミ同期生H が声をかける。歩く会で来ていた。部屋を間違ったせいで奇遇を楽しめた。

 参加者は5人。私は欠席者リストに載っている。来る筈のTを待ったが、20分経っても来ないので頼んでおいたレディース・コースを持って来てもらう。隣りのNさんと老酒を一緒に飲むので徳利一本温めてもらう。心臓血栓の手術後でストックを持つA幹事が参加者リストを配布。欠席者の消息を教えてもらう。フカヒレスープから始まり、選んだ料理を食べる。白菜と貝柱の煮物、牛肉とチンゲン菜の炒めに、あんかけ焼きそば。デザートは、いちご豆乳プリン。接客してくれた女性は昭和29年生まれの御成小学校卒だった。これも奇遇と言える。今は進学校として気合いが入っているという。

 戦後の給食に出た脱脂粉乳やロースハム、ジャガイモが多いコーンビーフが話題になる。Fの先祖は度会一族で伊勢神宮の外宮の祠官を世襲していた。Sと高校同級生Nが慶応義塾大学コーラス部で一緒だったことや、つながりの話が続く。稲村ケ崎在住のSが8月19日に催行した七里ガ浜夏祭り40回記念50mリレーについて話す。8時間以内で1485人参加を達成、ギネス担当者から認定されて新聞に載っていた。

 午後2時半、時間となり、来年の予約をして別れる。Nさんの作品展示会を見に行く。若宮大路を歩いていると変わった自動車が渋滞で止まっていた。

DSC00538.JPG

 雪の下の季節料理店「あら珠」の入口にはNさんの個展を案内している。

DSC00541.JPGDSC00540.JPG

 中に入り、店の主人に案内されてN文人画家の作品を鑑賞する。「紫富士」。「山中湖凧のあがれる小春かな 素十」の句と大富士の素描を見て、高野素十の「凧の糸一筋よぎる伽藍かな」を思い出す。

DSC00551.JPG

 床の間にかけた二幅と兜と陶磁器の取り合わせ、インド布を使った額装に書を描いた作品と続く。

DSC00553.JPG

 書画一致の精神を存分に楽しんでいた。

 北鎌倉まで歩くことにして別れ、鎌倉街道に出て鶴岡八幡宮の脇を通る。道元禅師顕彰碑がここにあるのが不思議で、階段の先に「只管打座」と彫った石碑が立っていた。県立近代美術館鎌倉別館は休館中。巨福呂坂(こぶくろ)坂トンネルを歩く。

DSC00565.JPG曹洞宗高祖・道元禅師顕彰碑

DSC00567.JPG居福呂坂トンネル   

 電車通過のため踏切が降りて待たされるので、近くの建仁寺まで行って外から眺める。

DSC00569.JPG

 線路に沿って歩いてから渡って改札口からホームに行って電車に乗ったが満員だった。大船で東海道線に乗り換えて座り、本を読む。上野駅で降り、山手線で駒込まで行って帰る。満月だった。

DSC00574.JPG

おわりに

 年一回の小学校同窓会を機に鎌倉を歩いているが、今回は同級生との座談や、文人画家の作品を鑑賞しながら対話を楽しむことができた。参加人数も減り、物故者も増えていく中、なんとか続けていきたい。

 


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。